ふるさとの親に「介護Uターン」で寄り添いませんか? 北九州市、首都圏在住者に新提案

2018年3月16日 18:00
提供元:北九州市

ふるさとの親に介護が必要となったら、離れて暮らす子供はどうすればいいか――。そんな、介護とUターンを一緒に考えるイベントが、福岡県北九州市の主催で行われた。

その名も「北九州市 Uターン×介護セミナー」。北九州市東京事務所(東京都千代田区)には2018年3月10日、50代男性を中心とした19人が集まり、市担当者や介護の専門家による講演に耳を傾けた。

「高齢化率」は政令市トップだが...

このところ、北九州市はシニアのみならず、幅広い世代の移住先候補として注目されている。たとえば月刊誌『田舎暮らしの本』(2018年2月号、宝島社)が発表した「2018年版 住みたい田舎ベストランキング」では、人口10万以上の都市のうち、北九州市が「総合部門」と「シニア世代部門」でトップになった。

2015年の国勢調査(10月1日時点)によると、全国の高齢化率は平均26.6%だった。これに対して、北九州市は29.3%。全国20の政令指定都市で、最も高い割合だ。1985年以降、全国を上回る高齢化率となっているが、市保健福祉局地域医療課長の青木穂高さんは、高い高齢化率によりむしろ、早くから高齢化対応を進められたと語る。

医療・介護の状況についてみると、北九州市は全政令市のうち、病院数で3位(90か所。順位は人口あたりの数。以下同じ。)。病院のベッド数は2位(1万9039床)、診察所数も5位(961か所)と、他の市と比較しても、手厚い医療体制を持つ。

北九州市の医療・介護政策を説明する青木さん
北九州市の医療・介護政策を説明する青木さん

市内24か所の地域包括支援センターをはじめとして、介護のサポート体制も整備されている。また、「認知症サポーター」に7万人以上の市民が認定(20政令市中2位)されるなど、近隣住民の知識や理解も高まりつつある。

寄り添って介護するメリットは?

とはいえ、「介護に適した土地でも、仕事と介護の両立はハードルが高いんじゃない?」と、二の足を踏む人も多いだろう。しかし、仕事と介護の両立支援の専門家である、パソナライフケアの継枝綾子さんは、Uターン後の介護には多くのメリットがあると語る。

継枝さんによれば、介護の鉄則は「早期発見、早期対策」。近距離で介護すると、早めに対策できるうえ、いざという時に「もっと早く気付いてあげればよかった」といった後悔を回避できるチャンスがある。また、介護保険を活用する上で必須となる、ケアマネジャーやサービス事業者とのコミュニケーションも迅速になる。そして、「両親と過ごせなかった『空白の時間』」を埋められることもポイントだそうだ。

ケアマネジャーとしての経験を交えて語る継枝さん
ケアマネジャーとしての経験を交えて語る継枝さん

もっとも、実際にUターンをするには、慎重な準備が必要だ。次の職が見つかる前に、早々と移住してしまうのは、思わぬ失敗につながりかねない。勤務先の介護休暇制度を活用しつつ、退職前に現地調査しておくのがよさそうだ。

イベントでは、北九州市U・Iターン応援オフィスの安田亜紀子さんから、介護Uターンの事例も紹介された。「セカンドキャリア支援プロジェクト」を活用して、静岡県から北九州市内の企業へ転職したYさん。Uターン時は57歳で、初めは、応援オフィスにふらりと立ち寄った。年齢もあって、転職先を探してもらえるか半信半疑だったが、アドバイスに沿って履歴書・職務経歴書を提出したところ、経験を生かした職種に就くことができた。

北九州市は今後も、東京事務所などの首都圏で、U・Iターンや移住に関するイベントを行っていく予定だ。また、同市小倉北区と東京事務所内に常設している「北九州市U・Iターン応援オフィス」でも、随時相談を受け付けている。<企画編集:Jタウンネット>

「移住」の最新記事

2018/3/16 18:00

ふるさとの親に介護が必要となったら、離れて暮らす子供はどうすればいいか――。そんな、介護とUターンを一緒に考えるイベントが、福岡県北九州市の主催で行われた...

2018/2/10 22:00

「一般財団法人・地域活性化センター」ウェブサイトより 「北海道どさんこプラザ」、「銀座わしたショップ」、「表参道・新潟館...

2016/9/9 18:00

栃木県日光市が、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」と共同で、「LifeTrip日光」を実施する。観光をきっかけにした定住促進を目的に、移住に関しての...

2016/3/15 12:00

「新規就農をめざすチャンスがある」と語る酪農家・梶本希さんは、25歳で新規就農した若手の牧場経営者だ。その言葉の背景にある、酪農の現状とは......? ...

東京都 最新記事
2018/4/26

部活帰りの空腹の中、友達とご飯を食べてから家に帰ってまた夕食を食べる......なんてことがあった人もいるだろう。Jタウンネットの20代男性記者もその一人...

2018/4/26

金丸重嶺(1900~1977)は、日本のコマーシャルフォトの先駆者であり、1939年設立の日本大学専門部芸術科写真科(現日本大学芸術学部写真学科)で初代主...

2018/4/25

江上茂雄は義務教育以降、美術の専門的教育を一切受けず、独学で、身近にある画材「クレパス」「クレヨン」「水彩」そして「木版」による制作を生涯続けました。特に...

2018/4/25

子供のころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し...

2018/4/25

かつてレースは、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で富と権力の象徴として流行し、歴史上、常に重要な価値を持ってきました。熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ