イオンが山形・天童「観光型モール」で目指すもの

2014年1月27日 17:15

2014年3月21日、山形県天童市に「イオンモール天童」がオープンする。延床面積はショッピング施設としては県内最大級となる約6万8000平方メートル。

国宝・重要文化財の数で東北一の山形県は、観光資源の豊かな場所だ。イオンモール天童は、地域住民や観光客が立ち寄りたくなる「観光型モール」を目指す。

イオンモール天童の外観(イオンモールウェブサイトより)
イオンモール天童の外観(イオンモールウェブサイトより)

イオンモール天童が出店するのは新興住宅地の天童芳賀タウン。比較的降雪量の少ない場所ということもあって深雪地帯からの移住が相次ぎ、住宅販売は好調で人口も増えている。都市計画当初モール敷地は住宅予定地だったが、市内から大型店舗が撤退したことから、芳賀土地区画整理組合が商業街区に変更した。

提案型プロポーザル方式で業者の募集を行ったところ、2010年2月にイオングループの出店が決定。計画を進める過程で地元の意向を取り入れた結果、観光型でのモール展開となった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ