ニャンコ住職がお出迎え! 京都・猫猫寺(にゃんにゃんじ)、ネコ好きの楽園でしかない

2019年9月12日 06:00

いま、猫が住職の「お寺」に注目が集まっている。その名もずばり「猫猫寺(にゃんにゃんじ)」。ネーミングからしてインパクト抜群だ。


話題のきっかけとなったのは、ツイッターユーザーのけんたろう(@hotokeYK)さんの投稿だ。

2019年9月8日、「招喜猫宗総本山 猫猫寺」と書かれた看板の写真や猫のシルエットをあしらったスイーツ、住職の猫、さらに猫イラストが描かれた内装などを紹介すると、多くの猫好きユーザーの目に留まり、「そこはパラダイスですか?」との声が。

ツイートは11日17時時点で1万6000件を超えるリツイートと大反響だ。いったい、多くの人を魅了する「猫猫寺」とはなんなのか。

Jタウンネット編集部は11日、猫猫寺に話を聞いた。

画像提供:けんたろうさん
画像提供:けんたろうさん

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ