「お弁当で下敷きになってるパスタ」は本当に必要か? 皆さんの本音を聞いてみた

2016年7月 8日 06:00

近所で買ってきたお弁当を開けてみて、揚げ物やハンバーグなどのおかずの下に、お約束のようにパスタが敷かれている。あのパスタはいったい何のため? そんなことが気になったことはないだろうか。

油の多いおかずの余分な油を吸わせるため、揚げたてのおかずの熱で容器が溶けるのを防ぐため、などといった目的があるらしい。「でも、ご飯の横にパスタでは、炭水化物が過剰じゃないかな」という意見もある。「いや、パスタが好きなので、あれはあれでいい」と反論する人もいるだろう。

そこでJタウン研究所は約1か月にわたって、「お弁当で下敷きになっているパスタ、いる?いらない?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総投票数970票、2016年5月27日~7月6日)。はたして、その結果は――。

「いる」派「いらない」派、拮抗しているが......

全投票をあわせた数値は、「いる」が512票(52.8%)だ。「いらない」は458票(47.2%)。結果はほぼ互角と言っていい。下の円グラフをご参照いただきたい。

「お弁当で下敷きになっているパスタ、いる?いらない?」調査結果(Jタウンネット調べ)
「お弁当で下敷きになっているパスタ、いる?いらない?」調査結果(Jタウンネット調べ)

都道府県別に見てみよう。各県ごとの最多得票を色分けすると、上のような日本地図になった。

北海道こそ「いらない」派が勝ったものの、東北は総じて「いる」派のグリーンが優位に立っている。

関東各県でも「いる」派「いらない」派が拮抗した神奈川県、「いらない」派が優勢だった栃木を除き、グリーンがひしめいている。甲信越・中部エリアも同様だ。

お弁当で下敷きになっているパスタ(写真は編集部撮影)
お弁当で下敷きになっているパスタ(写真は編集部撮影)

近畿地方を見てみよう。京都府(52.9%)、大阪府(57.4%)、奈良県(77.8%)、と、「いらない」派が優勢である。

中国地方も「いらない」派が優勢。広島県(61.5%)、島根県(66.7%)、山口県(66.7%)で「いらない」派が優位に立った。「いる」派は鳥取県のみ。

対して四国、九州は「いる」派が奮闘した。

こうやって全国を見てみると、「いる」派と「いらない」派は接戦を繰り広げている。......とはいえ、近畿と中国を除くと、「いる」派のグリーンがどちらかといえば優勢だ。お弁当の中で下敷きになっているパスタの存在感、けっしてあなどってはいけない、と言えるだろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ