台風19号の浸水被害で「Twitter民の力を貸して」 リンゴ農家のSOSに反響、投稿主の思いを聞いた

2020年2月21日 20:00

東日本に大きな被害をもたらした台風19号。発生から4か月が経ったが、その影響はまだ続いている。今ツイッターで注目を集めているのは、ある農家が投稿したSOSだ。

甘くて美味しそう(画像は北澤一樹(@kitaichikajyuen)さんが2020年2月18日に投稿)
甘くて美味しそう(画像は北澤一樹(@kitaichikajyuen)さんが2020年2月18日に投稿)

投稿主は、長野市赤沼にある「キタイチ果樹園」の北澤一樹さん。2020年2月18日、「Twitter民の力を貸してください」と切り出した。

「台風19号の影響で長野県の千曲川の堤防が決壊。両親が営むりんご園は決壊地点から約1キロメートル。ほとんどは出荷できなくなったが、無事だった畑のりんごを販売中。旬が過ぎ実も柔らかくなり、販売は2月末までを予定。RTといいねをお願いします」

写真にある美味しそうなりんごは、実は浸水被害から免れた畑から収穫したものだ。実家のりんごを販売しようと、ツイッターで発信する息子の一樹さん。投稿には、

「この林檎 購入したいです」
「長野市民です。私たちも応援したいと思います」
「SNSで販売とは画期的で良い取り組みだと思います」

といった反応が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ