まさかの「プラネタリウム焼肉」つくばに爆誕 一体どんな店?実態を責任者に聞いた

2020年2月13日 17:00

一体どんな店に案内されるのか、見当もつかない。そんな焼肉屋の看板が茨城県つくば市で発見された。

焼肉屋の看板といえば、牛のイラストや、網の上で油を滴らせながら焼けている肉の写真、大きく「焼肉」の字が書かれているなど、一目見て「焼肉屋だ!」とわかるものが多い気がするが、今回見つかったのは「これが焼肉屋か!?」と思わず二度見してしまいそうな野立て看板だ。

「プラネタリウム焼肉」!?(写真はこばこさんのツイートより)
「プラネタリウム焼肉」!?(写真はこばこさんのツイートより)

中央には夕焼け空を円形に切り取ったような、一切肉感のない写真。そして、看板の上部と左側には

「プラネタリウム焼肉」

というワードが書かれている。プラネタリウムと焼肉。全く関係のなさそうな2者がなぜ結びついてしまったのか。看板を撮影したツイッターユーザーのこばこ(@kobako)さんは、こう呟いている。

看板だけでは何もわからない「プラネタリウム焼肉」の実態。ツイートを見たユーザーは、

「肉に星投影されんのかな」
「天井に投影された焼き肉をおかずにご飯を食べる店かな?」
「真っ暗な星空の下、肉を焼いて食べるんですかね。もう、カルビもロースも分かりませんね」

と様々な想像を巡らしている。

プラネタリウム焼肉を掲げる焼肉屋の名前は「72&BarB」。2020年2月7日にオープンしたばかりの新しい店だ。同店のウェブサイトによると、店舗用プラネタリウム投影装置を導入し、天井に100万個の星が映し出されるという。焼肉屋がプラネタリウム投影装置を設置するのは、「72&BarB」が世界で初めてだと謳っている。

一体なぜ焼肉店にプラネタリウムを導入したのか。Jタウンネット編集部は同店を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ