「また一つの時代が終わる」 神保町の老舗「コミック高岡」、100年の歴史に幕

2019年2月 7日 12:59

会社としては70年

Jタウンネット編集部は2019年2月7日、コミック高岡の店員に電話で話を聞いた。まず、閉店の事実の確認を行うと、

「3月31日で閉店です」

と認めた。

店の歩みについて聞くと、

「漫画専門店の前にも色々やっていたようですが、会社としては70年です。ただ昔の写真が残っていて本屋としては100年以上はやっています」

とコメント。本屋としてスタートした正確な年数は当時を知るものが誰も残っていないため、把握していないそうだ。

コミック高岡は新刊書店として知名度が高く、店内に置かれているボリュームも神保町でも随一とも言われていた。閉店の知らせはウェブメディア「まんたんウェブ」などが報じており、ツイッターでは、

「高校時代にオタクの道を歩み始めた頃の思い出がまた一つ終わるのか・・・」
「神保町のコミック高岡が3月に閉店ですと?! 地球最後の日は近いね...」
「また一つの時代が終わる感」

など閉店を惜しむ声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ