静岡で麩菓子といえば「ピンク色」らしい 他県民は知らない「さくら棒」文化の謎を追った

2020年7月12日 08:00

静岡でお馴染みの麩菓子「さくら棒」をご存知だろうか。

さくら棒は主に静岡で販売されるピンク色の麩菓子のこと。特に屋台などでは90センチほどの長いものが売られている。

名古屋を舞台にした漫画「八十亀ちゃんかんさつにっき」の著者・安藤正基さん(@aichidoughnut)は、そんな「さくら棒」にまつわる4コマ漫画を2020年6月15日にツイッターへ投稿。注目を集めている。

漫画に登場するのは長いさくら棒。「名古屋だとさくら棒の屋台見ないねぇ」と静岡県出身のキャラクターがつぶやき、東京育ちのキャラクターが「そもそもこんな色(ピンク)のふ菓子初めて見た」と返している。

麩菓子といえば、多くの人がかりんとうのような「濃い茶色」を思い浮かべるだろう。しかし静岡周辺の麩菓子は、長さを問わずピンクがデフォルトのようだ。

安藤さんの漫画にツイッターでは、地元民と思われるユーザーから、

「地元の夏祭りで毎年買ってるけど あれってローカルだったんだ(驚愕)」
「逆に短くてピンクじゃないさくら棒ってあるの?!そもそもさくら棒じゃないのか...!」
「黒糖の麩菓子があるのは知ってるけど、ピンクがノーマルだとばかり ちなみに東三河」

といった驚きの声が寄せられている。

筆者は名古屋に5年住んでいたが、さくら棒もピンクの麩菓子も見たことがない。一方で静岡出身の社員は当然さくら棒を知っており、ピンクの麩菓子についても「どこにでもあるだろ」と話していた。

いったいなぜ、静岡に独自の麩菓子文化が生まれたのだろうか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ