予定日は2050年...気が早すぎる「閉店のお知らせ」が話題に なんで今?オーナーに理由を聞いた

2020年10月17日 08:00

お気に入りの店が閉店してしまうというのはとても寂しいものである。仮にそんなお店から、

「完全閉店のお知らせ」

と書かれた紙を配布されたら...。もちろん強いショックを受けるはずだ。

だが世の中には、常連客でも思わず笑ってしまうような「閉店のお知らせ」もあるようだ。

2050年...!?(画像はおっちー@occhi1976さん提供
2050年...!?(画像はおっちー@occhi1976さん提供)

これは2020年10月11日、ツイッターユーザーのおっちー(@occhi1976)さんが

「やばい行きつけのコーヒー豆屋さんがあと30年で閉まっちゃう」

として投稿した写真。いったいどういうことなのか...?

写真にうつっているチラシをよく見てみると、まず目に付くのが、上部に大きく書かれた「完全閉店のお知らせ!!」という文字。そして、

「東川口でスタートして早10年が過ぎ、皆様には大変お世話になりました。
年齢的に限界を感じる年となるため閉店する運びとなりました。
長い間ありがとうございました」

としんみりとしてしまう閉店のあいさつが続いている。

しかし、その下の閉店の日付に注目してほしい。

「2050年9月4日(日)」

30年後である。理由としては

「年齢(90歳)による閉店」

とのこと。

今から30年後、ずいぶんと先の「完全閉店」のお知らせだったというわけだ。

チラシの下部には、5年ごとに週休日が増えていくといったお知らせも記されている。どうやら綿密な計画が練られている様子。なんともユニークなチラシである。

それにしても、どうしてこのようなチラシを配布したのだろうか。

Jタウンネットは、このチラシを作ったさいたま市のコーヒー専門店「なごみや」の高野央司(「高」ははしごだか)オーナーを取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ