これは従わざるを得ない... 沖縄県立博物館の「ソーシャルディスタンス猫」が天才的発想だった

2020年7月30日 11:00

「OkiMu」(おきみゅー)の愛称で知られる沖縄県立博物館・美術館(那覇市)が、館内で実施しているソーシャルディスタンス保持の取り組みが、ツイッターで話題となっている。

寝ながらソーシャルデイスタンスを訴える「ニャンモナイト」(写真提供:沖縄県立博物館・美術館)
寝ながらソーシャルデイスタンスを訴える「ニャンモナイト」(写真提供:沖縄県立博物館・美術館)

椅子の上に置かれているのは、丸くなって寝ている猫。いわゆる「ニャンモナイト」、まるでアンモナイトのような寝姿の猫の写真である。もちろん実物の猫ではなく、印刷物が椅子の上に置かれているのだ。

つまり「ソーシャルデイスタンス猫」というわけである。

来館者はにっこりして、猫の両側に座る。まさか、猫を踏んづけて座るようなマネはできないだろう。思わずほっこりする光景で、新型コロナウイルス感染対策にもなる、と好評だという。

Jタウンネット編集部は、2020年7月28日、「OkiMu」の企画班学芸業務担当者に取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ