ハロウィンなんて目じゃない? 京都「一条百鬼夜行」に集った妖怪がガチで怖すぎる

2019年10月29日 21:00
一条百鬼夜行に登場した骸骨。矢杉佳一郎さん(@KeiichiroYASUGI)のツイートより
一条百鬼夜行に登場した骸骨。矢杉佳一郎さん(@KeiichiroYASUGI)のツイートより

「百鬼夜行」をご存じだろうか。深夜、群れ歩く鬼や妖怪のことだ。例えば、上の写真のように......。平安時代から室町時代にかけて、「今昔物語」「宇治拾遺物語」など数々の説話に登場した。舞台は、主に京都である。

2019年10月19日、次のようなツイートが注目を集めた。

写真には、怖すぎる妖怪たちが捉えられている。写真家の矢杉佳一郎さんが撮影した力作ぞろいだ。「我が地元で年に一度開催される妖怪パレード」と紹介されている。10月19日夜、京都市上京区の大将軍商店街で行われた、「一条 百鬼夜行」の様子である。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「どの写真も人ならざる者の妖気を感じる気がします...素敵です...!」
「さすが京都。怨霊が蠢いている」
「凄い!京都の本気を見たっ」
「ハロウィンもこのくらいのクオリティで一列に並んでやってたら不快にならないのにな」

それでは、写真をじっくりご覧いただきながら、矢杉さんからお聞きした話をご紹介しよう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ