1本の針金が微生物に変身! 国立科学博物館の「ミジンコクリップ」がとっても素敵

2019年8月25日 08:00
よく見るとけっこう複雑な形状だ(写真はJタウンネット編集部撮影)
よく見るとけっこう複雑な形状だ(写真はJタウンネット編集部撮影)

夏休み中の子どもたちで賑わっているのが、東京都台東区の上野恩賜公園内にある国立科学博物館だ。現在、特別展「恐竜博2019」も開催中で、恐竜好きの子どもたちが詰めかけている。理科が好きという少年少女にとって、まさに聖地と言って良いだろう。

この国立科学博物館のミュージアムショップで、あるグッズが大変な話題となっている。それは......

ミジンコクリップ

「えー、ミジンコ?」と驚くのは、無理もない。水中で生活する、体長2~3ミリの微小な生物、ミジンコをモチーフとしたクリップだという。

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「このためにいく価値あり、ですね!」
「イカしてますね! 国立科学博物館のお土産コーナー、ワクワクドキドキ満載で素敵ですよね」
「人生を楽しむということを思い出せた気がします」

ミジンコクリップとはいったいどんなものだろう。Jタウンネット編集部は国立科学博物館に詳しく聞いてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ