豪雨で運休相次ぐなか、大阪環状線は「1時間に3~4本」の間引き運転に

2018年7月 6日 15:07

西日本広域を襲っている大雨の影響で、JR西日本は2018年7月6日、多くの路線で始発電車から運転を見合わせている。大阪環状線では、「1時間に3~4本」程度に本数を減らした上で、運転が再開された。

ツイッターにはさまざまな声が寄せられている。

「今は環状線わずかに動いてますけど、その他路線はほとんどパーです」


ツイッターの反応を見てみよう。

「環状線やばい」「環状線1時間に3.4本やし阪急も遅延してるし学校行くかほんまに悩む」「環状線1時間に2本とかw......どこのローカル線だよw」などといった感想だ。

「環状線動いてて感謝」「なんで環状線だけ運転できてんの?地震でも停まってたのに」「今は環状線わずかに動いてますけど、その他路線はほとんどパーです」「環状線・地下鉄・泉北は使えました」といった報告も......。環状線に感謝の声も多かった。近鉄、地下鉄、泉北高速鉄道などは運行しているという投稿も散見できた。

なお、JR西日本公式サイト内の列車運行情報のページでは、京阪神地区の運転状況(14時35分現在)について、下記のように告知されていた。

【京阪神地区】 大雨 運転状況
昨日(7/5)からの大雨が今後も降り続くことが予想されることから、以下のとおり列車の運転の見合わせ等が発生しています。
運転する区間においても、速度を落として運転を行うほか、列車本数が少なくなっており、相当な混雑が予想されます。
雨の状況により、運転再開・運転見合わせの計画が変更となることがあります。
また、連続した雨により線路付近(盛土など)に相当量の雨水を吸い込んでいるため、雨が降り止んでも、安全が確認できるまで運転見合わせや徐行等を行う必要があり、運転再開に相当な時間がかかる場合があります。

また私鉄は、南海電鉄と神戸電鉄が全線で運転を見合わせており、阪急や近鉄などの一部区間が運転を見合わせている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ