規格外で売れないトマトをTwitterに投稿したら...「今やボーナスです」 いったい何が?話題の農家に話を聞いた

2020年12月12日 08:00

野菜や果物には、いわゆる「規格外」が存在する。

何らかの原因により形が崩れてしまったもので、通常ならば売り物にならず加工されたり、廃棄されたりすることが多い。ところが、新潟市でトマトとトマト加工品を生産する曽我ファームには、規格外のトマトを求めて訪れるお客がいたそうだ。

これは2020年12月10日、曽我ファームの公式ツイッターの投稿。

ツイートによれば、元々はジュース用に回していた形の悪いトマトを100円で購入したお客さんがいたとのこと。

どうしてわざわざ規格外のものを......?と思うが、添えられた写真を見るとその理由が分かるのではないだろうか。

かわいい(画像は曽我ファーム@pasmal0220提供)
かわいい(画像は曽我ファーム@pasmal0220提供)

まるで小さな手がはえているマスコットのような見た目のトマト。確かに一般的なトマトの形ではないが、片手をあげている(ように見える)姿はとても愛らしい。

同ファームではしばしばこのように変わった形のトマトが収穫されており、ツイッターでも過去に何度か話題になっている。愛嬌があってユニークな規格外トマトを見ると、買い求めに来る気持ちもよく分かる。

様々な形がある(画像は曽我ファーム@pasmal0220提供)
様々な形がある(画像は曽我ファーム@pasmal0220提供)

それにしても、こういったトマトはいったいどのぐらいできるものなのだろうか。

詳しい話を聞くべく、Jタウンネットは11日、曽我ファームを取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ