顔見知りとの挨拶は「まるで居合斬り」 すれ違い時の探り合いを描いた漫画に共感集まる

2020年10月16日 20:00

会社や学校、あるいは屋外で、正面から知った顔が歩いて来たとする。

それが仲の良い友人なら、気付いた時点で声をかけて、会話に持ち込む人も多いかもしれない。

では、そんなに親しくない...顔見知り程度の関係だったらどうだろう。どのくらい近づいてから、あいさつするべきか。そもそも声をかけるべきか、ただ会釈に留めるか。

相手との距離が徐々に縮まる中で、そんなふうに悶々と悩んだことはないだろうか。

2020年10月11日、そんな状況を描いた漫画がツイッターに投稿され、共感を集めている。

「挨拶の間合い」と題された作品を投稿したのは、漫画家の秋野ひろさん。自身のツイッターに、自らの体験に基づいた1ページ漫画を毎日投稿している。

Jタウンネット編集部が14日、本人に詳細を聞いたところ、この作品も、実体験に基づいたものだという。秋野さんは現在大学に通っており、学内では1日に2回ほどは漫画のような出来事が起こっているそうだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ