買い物カートは「カゴなしでご利用ください」 スーパーの呼びかけ、メリットはどこに?

2019年6月20日 06:00

担当者「品を増やす効果も狙っています」

関東圏に店舗を展開する「ビッグ・エー」の管理本部担当者によれば、ビッグ・エーは1979年の創業当初からカートのみだという。

ビッグ・エー 板橋中丸店(C)Google
ビッグ・エー 板橋中丸店(C)Google

かつてはダイエーが親会社だったいうビッグ・エー。ドイツのディスカウントストア「ALDI(アルディ)」のビジネスモデルを手本にし、カゴを使わない欧米式スタイルを取り入れた。

カゴを使わない利点のひとつは、コストの削減。管理費や買い足しが必要なくなるほか、会計レジにカゴを置く台を設置する必要もなくなるという。

もうひとつ、担当者は「購入する商品を増やす効果も狙っています」と話す。カゴを持って店内を回っていると、商品がだんだん重く感じることが少なくない。そんな時、カートであれば重量を気にせず、欲しいと思った商品を入れることができる。

40年前からこのスタイルだが、最近は「小型カート」や「セルフカゴ」形式の店舗もあるという。ビッグ・エーは元々ディスカウントストアのため、ケース買いやまとめ買いするお客さんを見込んで通常の約1.5倍の大型カートを備えていた。

しかし1回の買い物が少ない年配の客から「カゴを設置してほしい」との声があり、小型カートやセルフカゴの店舗も展開しているとのことだ。ちなみにカートは底部分の網目が小さく、商品が下に落ちることはないという。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ