復興への願いに「泥」塗られた 被災地生まれ「おのくん人形」に転売被害

2019年5月18日 21:00

おのくん誕生から7年

先日、東松島市内で「おのくん」の誕生7年を祝うイベント「めんどくしぇ祭」が開催されました。おのくんとは、東日本大震災の翌年、小野駅前仮設住宅の集会所で職を失った女性達の仕事として誕生した、さるがモチーフの人形です。

イベントには県の内外から、おのくんを購入したたくさんの「里親」が集まり、大いに賑わいました。

いまおのくんをめぐって、問題となっているのが「転売」。おのくんには「震災を忘れないでほしい、被災地の今を見てほしい」そんな女性達の思いが込められているので、作成者はとてもやりきれない思いだといいます。

現在おのくんは、東松島市にある「空の駅」か、電話注文でしか購入できないそうです。

人とのつながりを大切にするという思いが込められて作られたおのくん。実際に足を運びおのくんを購入することで東松島市を元気付ける力になりたいですね。

(ライター:rin.)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ