【沿線調査】通勤・通学ユーザー多数。埼玉から新宿・渋谷へのアクセス良し!JR埼京線沿線の住み心地

2017年6月30日 08:02

大崎駅(東京)から大宮駅(埼玉)まで運行するJR埼京線。1985年に開業したこの電車は、その名のとおり、東京と埼玉をつなぐ代表的な路線のひとつだ。池袋駅や新宿駅、渋谷駅など、ターミナル駅にも停車するため、通勤や通学で利用している人も多いのではないだろうか。そんなJR埼京線の沿線で暮らす人々は、その住み心地をどう感じているのだろう? JR埼京線沿線に住むユーザー150人を対象に、アンケート調査を行った。
今後の発展を期待する声が多数! アクセスの良さや物価の安さもお気に入り

まず初めに、「今住んでいる沿線の好きなところ・気に入っているところはどこですか?」という質問をした。上位10項目は、以下のとおり。

●好きなところ(複数回答)
1位:どこに行くにも便利(80.7%)
2位:ほかの沿線に乗り換えしやすい(50.4%)
3位:運行本数が多い(23.0%)
4位:これから発展していきそう(20.7%)
5位:家賃や物価が安い(18.5%)
6位:都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利(11.9%)
7位:好きな駅やスポットがたくさんある(8.1%)
8位:エスカレーターやエレベーターの数が多く便利(5.9%)
8位:座れる頻度が高い(5.9%)
10位:電車内がキレイ(5.2%)

1位は、「どこに行くにも便利」の項目。「池袋駅や新宿駅、渋谷駅などに乗り換えなしで行ける」(44歳・男性)や「ターミナル駅が多いので、都心へのアクセスが便利」(52歳・男性)といった在来線についてのコメントのほかに、「大宮駅で、新幹線にすぐ乗換できる利便性がいい」(66歳・男性)などの新幹線についてのコメントも散見された。しかし、80.7%という数値は、今回『SUUMOジャーナル』が調査を行った全15路線中7番目だった。

上記ランキングで特に注目したいのは、4位「これから発展していきそう」の項目だろう。これは、つくばエクスプレス(31.5%)に次いで2番目にポイントが高く、20%を上回ったのはこの2路線のみ。コメントを見ると、具体的な事例はあまり書かれていないのだが、「若い世帯が多い」(35歳・男性)、「一戸建ての新築や建て替えが増えている」(60歳・男性)といったユーザーならではの"実感"や「まだまだ発展する」(66歳・男性)、「まだ開発の余地がある」(68歳・男性)など、"期待を寄せる声"が挙がった。

また、5位「家賃や物価が安い」では、主に埼玉県在住のユーザーから「東京で生活していたころと比較すると家賃や物価が安い」(50歳・男性)や「都内は家賃が高いので、それに比べると安い」(33歳・女性)というコメントもあり、"都内に比べれば"ではあるが、その安さを実感しているようだ。

埼玉県 最新記事
2018/10/18

2018年9月30日に上陸し、猛威を振るった台風24号。その影響で根元からなくなってしまった鹿児島・奄美市にある名瀬港西防波堤灯台が10月13日、約250...

2018/10/17

2018年10月16日放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)で、タマゴサンドの「地域差」がクローズアップされる一幕があった。 タマゴサンドの専門家とし...

2018/10/17

2018年のプロ野球もレギュラーシーズンを終え、クライマックスシリーズ真っ最中。セ・リーグのファーストステージでは読売ジャイアンツ・菅野智之投手がポストシ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ
KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ