大阪には「たこ焼き」の缶詰があった 味はイケるけど...謎すぎる食感に困惑

2019年9月21日 12:00

様々なレパートリーがある「缶詰」。からあげやおでんなどユニークな食材を缶に詰めた商品も存在している。

今回と挙げるのは言わずと知れた大阪のソウルフード「たこ焼き」の缶詰だ。

たこやき缶詰
たこやき缶詰

ここまで来ると缶詰にする必要があるのかも疑われるレベルだが、はたしてどんな味がするのだろうか。

「意外にたこ焼きしてる」

たこやき缶詰
たこやき缶詰

「たこやき缶詰」を開発したのは、缶詰バー「mr.kanso」。缶詰の手軽さがあるたこ焼きというのはかなり斬新な発想ではあるが、気になるのはその味だ。

その前にいつものように原材料名の欄を見ていきたい。

原材料名
原材料名

とくに不安になる要素は見つからない。では、開封してみよう。

開封後のたこやき缶詰
開封後のたこやき缶詰

これはたこ焼きというより、団子(?)のようなイメージ。というのも、みたらし団子のよう匂いが漂ってきたのもあるだろう。

少なくとも通じようのソースの香りはしなかったようで、編集部内でも「いかめし」や「酸味が効いている」といった感想が寄せられた。

温める方がおいしいようだが、缶詰なのでまずはそのままいただきたい。

半分に割ったたこ焼き。真ん中にタコらしきものが見える。
半分に割ったたこ焼き。真ん中にタコらしきものが見える。

ソースが持っている酸味を極限まで引き立たせたような酸っぱさが特徴だ。たこ焼きにしては生地の部分が脆く、ソースの粘り気が強い。そのため独特の食感を生み出している。

そして肝心のタコだが、半分に割るとそれらしき姿が見えるものの、口に入れてしまうといつ噛んだのか全く分からない。

タコが相当柔らかいのかもしれないが、飲み込んだのがわからない。そのため、少々物足りなさがある。

温めた後のたこ焼き
温めた後のたこ焼き

レンジで少々温めた上でリトライした。すると、酸味以外の味も目立ち、ソースらしさが感じられる。意図的なのか、味が少し薄めであるので飽きが来ないメリットがある。

生地の柔らかさは温める前からほとんど変わらない。箸に力を入れすぎるとボロボロと崩れてしまう。口に入れるとくちどけが良いので、好きな人は好きな生地であろう。

柔らかい食感は子供からお年寄りまでみんなで食べられるといったメリットもありそうだ。

タコは相変わらず存在が掴めず、試食した編集部の記者からも、

「タコ入っているの?」
「食感がタコじゃない」

といった意見が出た。

しかし、全体としての味の評判は良好だ。

「酸味が少し強いけど、美味しい」
「意外にたこ焼きしている」
「京都の路地裏にあった10個200円のたこ焼きみたいなチープさがあって良いね」

普通に食べても美味しいものではあるが、賞味期限が 3年あるため保存食にも向いている。

有事の心細い時にこのたこ焼きがあったら、どれだけ心強いか。筆者もプライベートで買ってしまった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ