まるでミイラ?東京・高輪の「ゆうれい地蔵」 なぜこんな姿になったのか、その歴史を追った

2019年9月29日 08:00
不思議な造形である(画像は編集部撮影)
不思議な造形である(画像は編集部撮影)

皆さんはこの地蔵をご存知だろうか。

光福寺(東京都港区高輪)という浄土宗の寺院の中に佇んでいる。名前を「ゆうれい地蔵」という。

写真を見ると、石造りで人型の像が埋め込まれていることはわかる。しかし顔無しで胴体に肉はなく、骨がむき出しだ。さらに腕は見えず、腹から足に向かうにつれて先細っている。

一見すると「ゆうれい」(?)と首を傾げてしまいそうになる。実際、ツイッター上には、この像を見たユーザーから、

「幽霊というより屍...」
「宇宙人の化石みたいだ...」

という声が相次いでいる。言われてみれば、たしかに幽霊というよりも亡骸に近いように見える。

いったい「ゆうれい地蔵」とは何なのか。Jタウンネット編集部が、その歴史を調べてみた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ