田の字のラインを引いて、ボールをバウンドさせ合うあの遊び 何と呼んでいた?

2018年8月 7日 14:00

正式名称は......わかりません

ひとまず「ボールをバウンドさせるアレ(仮称)」としておくこの遊び、一定の世代では結構流行っていたはずなのだが、謎が多い。

例えば、40年ほど前の書籍では、東京から四国まで広がっている一方で、北陸や山陰では遊ばれていないとされている。しかし、当時も今も、全国的な調査が行われているとは思えないので、果たしてこの分布域がどこまで正しいのかはよくわからない。

名称は地域ごとに無数にあり、そもそも正式名称や一般名称すら不明。というか、正式名称とか、ないような気がする。

日本スポーツ協会や日本レクリエーション協会は、公式サイト上でさまざまな遊びを紹介しており、「ボールをバウンドさせるアレ」もその中のひとつとして取り上げられている。「天大中小」という名称だ。

「伝承遊び」ということはかなり昔から認知されているのか(画像は日本スポーツ協会公式サイトより)
「伝承遊び」ということはかなり昔から認知されているのか(画像は日本スポーツ協会公式サイトより)

両協会のサイトで名前の由来が明記されているわけではないが、4つのマスはそれぞれ「天」「大」「中」「小」と名前がついており、それがそのまま名前になっていると考えられる。

天が最高ランク、小が最低ランクで、ボールをバウンドさせる際にアウトになったり、ルールに則った処理ができなかった場合、プレーヤーは自分がいるマスから1ランク下のマスへと移動する。この遊びの仕様上、マスがランク分けされている必要があるのだ。

体育協会のYouTubeチャンネルでは、実際に遊んでいる様子が公開されている

さらに細かくローカルルールや独自ルールがあるようだが、名称にテーマを絞りたいので、ルールの差異については割愛する。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ