めちゃくちゃ強そう... 高知の鉄工所が作った「ロボット型薪ストーブ」がロマンしかない

2019年11月18日 06:00

製作者「自然にできました」

小磯鉄工に、どうして薪ストーブがロボットの形になったのか尋ねると、

「どうしてというか...自然にできました」

同社はいわゆる「町の鉄工所」。主に建築物を建てるための鉄鋼材等を作っており、一般向けの商品を製造しているわけではない。

唯一、製品として販売されているのが、「ロボット型」シリーズで、5年前ほどに「薪ストーブを作ってほしい」という依頼があったのが制作のきっかけだという。

「楽しい薪ストーブ」を目指し、遊び心を加えた結果、今の形になったそうだ。

「まあ、薪ストーブを小磯鉄工流につくったらこうなった、という感じです」

と、ロボット型になったのはなんらおかしなことではない、といった話しぶりだった。

ところで、ストーブで薪を燃やすと炭ができる。その炭を利用できるように、と「ロボット型七輪」の「しち丸」と「しち衛門」も生まれた。

しち丸(左)、しち衛門(右)(小磯鉄工ウェブサイトより)
しち丸(左)、しち衛門(右)(小磯鉄工ウェブサイトより)

ニョロッとした腕と脚、なんとも言えず間抜けな表情、蓋についた双葉のような持ち手。薪ストーブと比べると、ずいぶんかわいらしい見た目だ。

こちらも、ふるさと納税の返礼品になっていて、13万円の寄付でもらうことができる。

返礼品として希望している人はいるのか聞くと、

「薪ストーブの方はまだないですね。七輪はちょこちょこ出ています」

とのこと(2019年11月8日時点)。そう聞くと、強そうに見えたロボット型薪ストーブがどこか寂しげに見えてきた。

いずれも、ふるさと納税の返礼品としてだけでなく、小磯鉄工のウェブサイトでも購入できる。薪ストーブは65万円から(値段は注文者の要望に合わせて変動)、七輪は3万7800円だ。

ロボット型薪ストーブ(小磯鉄工ウェブサイトより)
ロボット型薪ストーブ(小磯鉄工ウェブサイトより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ