電動バイクについての免許区分ができる

2019年10月31日 17:43
これまで、電動バイクにはガソリンバイクのような免許区分ありませんでした。



出力がどれほど大きくても、普通2輪免許で運転できていたということです。




そのような状況に対し、警察庁は「電動大型バイクについてもサイズによる免許区分を設ける」と発表しました。



施行日は12月1日を予定しており、その内容は「定格出力 20kW超の車両は大型2輪免許が必要」というものになっています。



しかし、このまま免許区分を導入してしまっては、普通2輪免許で運転できると思い大型の電動バイクを購入した人にとっては問題です。




そこで、この免許区分には特例が設けられ、「12月1日以前に大型の電動バイクを普通2輪免許で運転していた人に限り、1年間の期限付きで、普通2輪で大型電動バイクを運転できる」と決定しました。




ただし、1年間の期間限定なので、いずれは大型2輪免許を取らなくてはいけません。





特例に該当する方であれば、電動バイクで大型2輪免許の受験が可能で、合格した場合は電動バイクに限り、大型バイクの運転ができる大型2輪免許が交付されます。





普通2輪免許で大型電動バイクを運転しているという人は、できるだけ早めに対応した方がいいかもしれませんね。


バイク買取・バイク査定の最強店 バイクパッション
バイクパッション公式Facebookページではお役立ち情報を配信中です。
こちらもご覧になってください。

バイク買取販売店「バイクパッション」

バイク買取販売のバイクパッションです。日本全国のツーリングロードや景色のいい場所、最新のバイクニュースなど、バイク好きな方やこれからバイクの購入を検討されている方に役立つような情報を発信していきます。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ