広島ラーメンの名店「すずめ」店主の引退、そして復活

2015年8月 9日 06:00
画像はイメージです
画像はイメージです

[Jステーション-広島HOMEテレビ]2015年7月31日放送で、引退を惜しまれた広島ラーメン「すずめ」の店主が復活したことを取り上げていました。

2015年4月、60年という長い歴史に幕を下ろした、広島ラーメンの老舗「すずめ」。2013年に脳内出血で倒れ、手足の麻痺や痺れに耐えながら伝統の味を守って来た2代目店主、関上道広さんは、後継者に味を伝え、職人人生に終止符を打ちました。

引退宣言から一転...愛されづつける老舗の味復活!

7月7日、広島市内の中華料理店にながい行列ができていました。店内を覗いてみると、多くの客がつめかけています。それもそのはず、もう食べられないと思っていた「すずめ」の中華そばが、この店で復活したというのです。

厨房でラーメンを調理するのは、引退したはずの元「すずめ」の店主、関上さんです。これはいったい、どういうことなのでしょうか。

復帰を後押ししたのは、「冠生園」の主人、柏木博敏さんです。実は、柏木さんと関上さんは、高校時代から付き合いがあり、引退を知った柏木さんから、自分の店で作らないかと誘ったのだそうです。

2人の友情で復活した中華そばは、関上さんの体調も考慮し、すずめ時代は200杯以上作っていたのを1日60杯程度に減らし、限定で提供。値段はかつてと同じ、1杯600円です。

器は違えど、見た目も味を変わらぬ1杯と求め、連日多くの客がやってくるといいます。親しんだ老舗の味が復活と聞いて、懐かしく嬉しい思いです。限定販売ではありますが、細く長く楽しめるといいですね。(ライター:haruhana)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ