どうやって入るの...? 下半分が地面に埋まったセブン-イレブンが発見される

2020年7月 3日 11:00

新潟市内にあるセブン-イレブン店舗の外観が話題になっている。なんでも、「新潟名物」とまで呼ばれているらしい。

それがこちらだ。

埋まってる...?(画像は東京右下の人@migishita14さん提供)
埋まってる...?(画像は東京右下の人@migishita14さん提供)

見慣れた「7」の看板。オレンジ、緑、赤のライン。見慣れたセブン-イレブンの外観だが一つおかしいところがある。

店舗の下半分が地面に埋まっている...ように見えるのだ。

いったいどうしてこうなったのか。下半分がないせいで店頭の看板より低くなってしまっている。明かりが漏れているので営業はしているだろうが、中に入る方法が分からない。

この写真は、ツイッターユーザーの東京右下の人(@migishita14)さんが「新潟駅名物のセブンイレブン」とコメントを付けて2020年6月30日に投稿。他のユーザーからは、

「ダッシュスライディングで入るやつですね」
「どゆこと!?!?下る階段とかあるパターン??」
「時空の歪みか」
「ネズミとか小さい生き物 用でしょうか」

といった声が寄せられている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ