ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

「吉野家の牛丼が食べたい」 プライドが高く「松阪牛」ばかり食べたがった母が、死の直前に望んだこと

福田 週人

福田 週人

2022.11.08 08:00
0

「元気になったら吉野家の牛丼また食べたいねぇー」

老いた母はそこで、「おいしいけどもうおなかいっぱい。おまえが食べな」と食べるのを止めたので、私は母の隣で残った牛丼を食べました。その時「吉野家の牛丼は、前はいつ食べたん?」と聞いてみると「初めて食べた」と驚きの言葉が!

「一度食べてみたかったん。吉野家の牛丼、やっぱりおいしいねぇ」

その後、1週間ほどで母は急速に食が細くなり、約1か月後に亡くなりました。亡くなる数日前にも「元気になったら吉野家の牛丼また食べたいねぇー」と言っていました。

亡くなる直前も「また牛丼を食べたい」と言っていた(画像はイメージ)
亡くなる直前も「また牛丼を食べたい」と言っていた(画像はイメージ)

それから十数年が経った今、牛丼を食べていた在りし日の母の姿を思い出すと、「おいしいねぇ」といった後、「お店にお礼言った?」と私に尋ねていました。

購入した時は「サービスの一環かな?」としか思っておらず、そういえばお礼を言っていませんでした。

今思うと、ろくなお礼も言えなかった事がただただ恥ずかしく思います。

お弁当を購入しただけでしたが、色々ご配慮ありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP