ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

公園管理者も「見たことなかった」 茂みの中から出現した「謎の石像」が話題に→その正体を突き止めてみた!

大山 雄也

大山 雄也

2022.05.02 18:00

川崎市麻生区の多摩美ふれあいの森と、麻生区市民健康の森に隣接している「多摩美(たまみ)公園」。自然豊かで穏やかな時が流れるこの公園が、ある石像の存在によって揺らいだ。

詳細がわからないだと!?(画像は町田メガネ@machidameganeさんのツイートより)
詳細がわからないだと!?(画像は町田メガネ@machidameganeさんのツイートより)

こちらはツイッターユーザーの町田メガネ(@machidamegane)さんが2022年4月26日に投稿した写真地面からひょっこりと顔を出している穏やかな表情をした石像が、問題のものだ。

石像の右側に設置されている立て看板には、こんな言葉が書かれている。

「先日、この場所の整備を行いましたところ、下記の石像が現れました。 この石像について何かご存じの方がおられましたらお教え頂きたく。何でも構いませんので、ご協力の程よろしくお願い致します」

つまり、なぜこの場所にあるのかわからない謎に包まれた石像が、現れたというわけだ。

令和の世においてそんなミステリアスな石像が出てくるとはにわかに信じがたい......。そこでJタウンネット記者は4月27日、公園の管理を行う「麻生多摩美の森の会」の田中肇会長に話を聞いた。

珍しい「石」で出来ている...?
続きを読む
PAGETOP