ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

推せる...ッ 農協が「岩手のリンゴ」を擬人化→乙女ゲーム顔負けのイケメン3人組が爆誕していた

井上 慧果

井上 慧果

2021.11.25 21:00

ジョナゴールドのほかにも...

イケメン化したジョナゴールドは、ツイッター上で

「これは推せる」
「ジョナゴールド男前すぎてw」
「りんご推しジョナゴールド担になります」
「見慣れたリンゴに写真のポスターだと、小さな文字までは読まない人も多いので、こういう方法で知って貰うのも良いと思う」

といった声が寄せられるなど大好評である。

ポスター上部に書かれている通り、これはJA全農いわて(全国農業協同組合連合会 岩手県本部)が作ったもので、「いわてこいこい純情リンゴ」というシリーズの1枚。同企画では、ジョナゴールドのほかにも、岩手県内で生産されている「きおう」や「サンふじ」といったリンゴたちもそれぞれ擬人化され個性的なイケメンキャラへとして、ポスターになっている。

アップルプリンスの「黄王」(画像はJA全農いわて提供)
アップルプリンスの「黄王」(画像はJA全農いわて提供)

こちらが、きおう(黄王)をイケメン擬人化したポスター。

ジョナゴールドとはまた違う、きらびやかで王子様風の見た目をしている。

岩手県産のきおうは、8月末から9月が旬とのこと。ポスターでもそれを説明しているが、

「岩手の夏の終わりに熟すまでじっと耐え、待ち望んだ時がやってくる... 君のために生まれてきたよ 夏の終わりには黄王がやって来る さあ、岩手の夏の終わりを知ろう 貴女に夏の終わりを告げたくて、幸せを運んでやってくる」

と、どこかロマンチックで詩的な語り口。ワイルドな雰囲気のジョナゴールドとは、やはり中身も違っているようだ。

なぜ、リンゴたちはこんなことになっているのだろうか?

Jタウンネット記者は17日、JA全農いわてを取材し、園芸部 生産販売課の担当者に話を聞いた。

担当者によれば、数年前に取引先から「岩手の『ジョナゴールド』を宣伝する資材を作ってほしい」という要望があがったことが、発端となったそう。

「『ジョナゴールド』は、岩手で栽培されているリンゴの主力品種の1種で、味も良く、消費者からの人気も高いです。特に旬(10月)の岩手産ジョナは日本一美味しいと自負しております。
それをアピールできて、かつ、これまでに無いインパクトのあるものを作りたいと考えたのが作成のきっかけです」(担当者)

「ジョナゴールド」のポスターは、19年から公開され、青果市場などの関係先へ配布。その反響が大きかったことから、

「調子に乗った我々は、翌年に『きおう』と『サンふじ』も作成しました」

と担当者は語る。数量限定でクリアファイルも作成したそうだ。

それぞれのキャラクターの具体的な設定はないが、「しっかりものの長男 きおう」「ちょっとヤンチャなワイルド次男 ジョナゴールド」「伸び伸び甘やかされて育った三男 サンふじ」というイメージで作成されたという。

「果物の消費が少ない世代へのアピール」
続きを読む
PAGETOP