ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

こんな装備で大丈夫なの!? キャンプ初心者が、リュックひとつで「福井ソロキャン」満喫してきた

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.10.28 12:00
提供元:福井県

焚き火っていいね

キャンプのクライマックスといえば、焚き火だ!

BBQを終えた筆者は、パチパチと燃える火を、ぼーっと眺めることに。

焚き火っていいね。
焚き火っていいね。

コロナ禍でキャンプにハマる人が増えているというが、気持ちがわかった。心が落ち着くとは、まさにこの状態のことを言うのだろう。

酒とツマミ
酒とツマミ

チューハイも開けて、ツマミをパクパク。

最高の晩酌を楽しみつつ、焚火の火が弱まってきたら、就寝の合図だ。

さ、寝るぞ!
さ、寝るぞ!

火が消えたことを確認して、明日に備えよう!

筆者は酒を飲んでいたのでそのまま寝ることにしたが、汗を流したい人はキャンプ場内に2か所ある温水シャワー室を300円で使える(せっけん類、タオルは持参の必要あり)。

テント内に地面の凸凹を緩和させるマットを敷いて、その上で寝袋に入る。テントはファミリー用なので、ソロキャンプだと窮屈さは全く感じなかった。

シーンと静まり返った自然の中で、寝るって気持ちいい。スマホを見ることもなく、いつもより2~3時間は早く眠りについた。

爽やかな朝と楽しいアクティビティ
続きを読む
PAGETOP