ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

こんな装備で大丈夫なの!? キャンプ初心者が、リュックひとつで「福井ソロキャン」満喫してきた

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.10.28 12:00
提供元:福井県

福井の味を大満喫

まずは、筆者が調達してきた食材の数々をご覧いただこう。超豪華である。

肉!野菜!米!酒!
肉!野菜!米!酒!
・若狭牛サーロインステーキ
・福井の焼肉店「もも蔵」の「塩ひね鶏」
・大野市の特産品「九頭竜まいたけ」
・福井県産のピーマンやシイタケ
・大野市産あきだわら(コメ)
・福井ソースかつ丼風味のポテトスティック
・福井の地ビール・越前福井浪漫麦酒
・福井県産の梅を使ったチューハイ「NIPPON PREMIUM」

など、道の駅で購入したご当地感溢れる食べ物・飲み物の他、キャンプ場で購入した牛肉・豚・鶏肉・ソーセージの入ったBBQパック(1人前、800円)も。BBQパックだけでも、十分楽しめる量がある。1人前じゃ足りない!という人には、2人前(1600円)もあるぞ!

火起こし。腕がパンパンになった。
火起こし。腕がパンパンになった。

BBQコンロに、道中購入した着火剤と炭を入れ、うちわでひたすら空気を送る。火がついたときには17時ごろ。あたりは暗くなっていた。

まず準備するのは白米。キャンプの醍醐味のひとつ、飯盒炊さんである。

コメと水を入れ、炊きあがりを待ちながらキノコと野菜の下準備をしておく。と言っても、切るだけだが......。

すんなり、炊けた。
すんなり、炊けた。

ご飯が炊けたのが確認出来たら、あとはおかずを焼いて、食べるだけだ!

まずは、キャンプ場で買ったBBQセットのお肉から。パックから取り出して......、ドーンと網に置く。

炭と肉のニオイが、最高だ。
炭と肉のニオイが、最高だ。

――こんなの、絶対うまいに決まってるじゃん!

あとは、焼けたものから食べる。飲む。焼く、食べる......、この繰り返しだ。

ちょっと焦げても、それが美味しい。ちょっと冷めても、すぐに焼き直し可能。最高でしかない。

若狭牛、ウマすぎでは!?!?!?!?!?
続きを読む
PAGETOP