ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

デスクワークのストレスは、農作業で発散! 岡山・矢掛町に誕生する「半農半IT」サテライトオフィスの魅力とは

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.10.20 00:00
提供元:矢掛町

コロナ禍により、テレワークを導入する企業が増えた。在宅勤務をしている読者も少なくないだろう。

ただ、なにも在宅勤務だけがテレワークではない。

皆さんは、「サテライトオフィス」をご存じだろうか?

都市部にある企業の本拠地から離れた場所に置かれる、いわば「テレワークのためのオフィス」だ。

社員の自宅近くである都市郊外に開設される郊外型や、地方の町に開設される地方型など、「サテライトオフィス」にはいくつかのタイプがある。

本拠地から離れた地方にある「地方型サテライトオフィス」には、どんなメリットがあるのか。

総務省が実施するプロジェクト「お試しサテライトオフィス」のサイトでは、「生産性の向上」や「新規ビジネスチャンス」など、いくつかのポイントが紹介されている。

自然豊かな環境にオフィスがあることで働く人はリフレッシュでき、企業側も地元と連携して新たなビジネスを始められる可能性がある、というわけだ。

2021年秋、かつて宿場町として栄え、今なお当時の歴史的な街並みが残る地、岡山県倉敷市の隣町・矢掛(やかげ)町に、そんな地方型のサテライトオフィスが誕生する。

矢掛町「里山田サテライトオフィス」
矢掛町「里山田サテライトオフィス」

こちらがその「里山田サテライトオフィス」。Jタウンネット記者はオープンに先駆け、オフィスを体験 するモニターとして矢掛町を訪れた。

心身ともに健康で豊かな働き方を
続きを読む
PAGETOP