ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

観音様は銃を構え、諸葛孔明は曲芸を披露 江戸時代に書かれた絵に、ツッコミどころが多すぎる

松葉 純一

松葉 純一

2021.10.14 11:00

福岡市美術館で展示中のある美術作品が、いまツイッター上で話題になっている。それが、この絵だ。

巷で話題の「スナイパー観音」(狩野昌運「異代同戯図巻」 江戸時代 17世紀 福岡市美術館蔵)
巷で話題の「スナイパー観音」(狩野昌運「異代同戯図巻」 江戸時代 17世紀 福岡市美術館蔵)

観音様がなぜか火縄銃を構え、狙いを定めているという不思議な絵である。人々の願いを聞いてくれる慈悲深い仏様のはずだが、これはいったいどういうことだろう。脇には「龍女」も控えているようだが......。

この絵はいま「スナイパー観音」などと呼ばれ、大変な人気に。

ツイッターにはこんな声が寄せられている、

「観音さま『私は赦そう、、、だがこの火縄銃が赦すかな!?』」
「観音様もロックオンするレベル」
「観音さま射撃選手やったんか(笑)」
「スナイパーと観測手のチームになってる」
「スナイパー観音の絵はがきあったら欲しいですwww」

Jタウンネット記者は早速、この絵について福岡市美術館に電話で問い合わせてみた。

目指したのは、気軽にみて笑ってもらえるような展示
続きを読む
PAGETOP