ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

足元から始まる「スマート農業」 広島のこまつな畑で「自動搬送ロボット」が走った日

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.10.08 15:00
提供元:広島県

広島県の北西部に位置する、豊かな自然に恵まれた安芸太田町。やまあいのひらけた土地には、ほうれんそう・こまつなを栽培するハウス農場が点在する。

そのうち2つの農場ではいま、最先端のロボット技術やAI/IoT技術を活用した農業――「スマート農業」の実証実験が進んでいる。

テーマは、稼げる農業。

なかでも、目を引くのは、キャタピラが付いた「自動搬送ロボット」だ。人に伴走しながら、病害虫の防除や収穫などを手助けできるかどうか、動作確認なども含め、試行錯誤を続けている。

生産者が農業の現場で、本当に必要とするソリューション(解決策)を提供したい――。そう願って、派手さはないけれど、地道な取り組みで、広島県の農業を変えようとする挑戦者たちに迫る!

既存のスマート農業「実証実験」は、現場の要望に応えきれていない?
続きを読む
PAGETOP