ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
のりものトラブル
グルメ
地域差・ランキング
クイズ

幸福度日本一の県民は、いったい何を食べてるの? 東京で買える「福井グルメ」を食べつくしてみた!

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.03.02 12:00
提供元:福井県

こんな豪華な食卓が許されるのだろうか

福井グルメだけで固めた夕飯
福井グルメだけで固めた夕飯

おやつを食べてのんびりしていたらすっかり日も暮れて夕食の時間に。アンテナショップで調達したグルメで、埼玉にいながら福井を味わっていこう。

まずは、太白胡麻油100%で揚げた、谷口屋(坂井市)の「太白おあげ」から。

谷口屋の「太白おあげ」(パッケージ)
谷口屋の「太白おあげ」(パッケージ)

店長によると、福井は油あげ消費量日本一という、超がつくほどの「おあげ県」。

好きだからこそ品質には厳しい福井県民に愛され、油あげのレストランまで運営しているのが、谷口屋だ。

谷口屋では、菜種油でじっくり長時間かけて揚げた「谷口屋のおあげ」が看板商品なのだが、あまりの人気ぶりに、あいにくアンテナショップでは完売していた。そこで、もう一つの看板商品、ラスト1つだけ残っていた「太白おあげ」を購入。

今回は、これをフライパンで焼いて、たっぷり刻みねぎと適量の醤油を掛けて、シンプルにいただいた。

谷口屋の「太白おあげ」をフライパンで焼いて、刻みねぎをたっぷり。
谷口屋の「太白おあげ」をフライパンで焼いて、刻みねぎをたっぷり。

ふわりとした油あげの食感を感じたのも束の間。大豆の旨味と甘みが広がり、頬がゆるんでしまった。

油で揚げられていながらさっぱりとしていて、それが大豆の良さを引き立てており、箸が止まらなくなってしまう。1パック丸々食べたくせに、まだ足りない。一度食べたら、もうおあげの虜になるのは必至だ。

埼玉県で福井のカニを堪能
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP