ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
のりものトラブル
グルメ
地域差・ランキング
クイズ

幸福度日本一の県民は、いったい何を食べてるの? 東京で買える「福井グルメ」を食べつくしてみた!

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2021.03.02 12:00
提供元:福井県

冬の福井ならではのデザート

シュトラウス金進堂の「水ようかん」
シュトラウス金進堂の「水ようかん」

食後のデザートは福井の冬の名物・水ようかんだ。

今でも県内80のメーカーがひしめく、福井の水ようかん市場。

福井県が作成した水ようかんに関する冊子によると、「雪が降る寒い時期に、こたつに入って、冷やした水ようかんを食べるのが福井の習わし」。

糖度が低く、腐敗しやすい水ようかんだが、冬の福井では廊下や縁側が自然の冷蔵庫の役割を果たす。そのため、気温の低い時期が「旬」になったといわれているという。

アンテナショップにもいくつも並んでいたが、今回目をつけたのが、「シュトラウス金進堂」(越前市)の水ようかんだ。

なめらかな食感もたまらない!
なめらかな食感もたまらない!

ドイツ・ウィーン洋菓子のお店で作られた、水ようかんとしては異質な存在。実は、シュトラウス金進堂はもともと、1924年に創業した和菓子店だったそう。

水ようかんには、一般的な黒糖ではなく、三温糖が使われている。王道とは一線を画す存在ではあるが、美味しさは一級品。

なめらかな水ようかんから放たれる控えめな甘さは、くせになること間違いなし。

実のところ、甘味やようかんが苦手な筆者は、おすすめされるがまま購入して少し後悔もあった。ところが、絶妙な甘さと余韻の少ないさっぱりとした味わいにイチコロ。クラスでは地味で目立たない女の子の魅力に気づき、恋い焦がれた青春を想起させる。

11月から3月頃までしか味わえない、冬の天使。福井の水ようかんを食べるなら今しかない。

食前のおやつから、食後のデザートまで。贅沢な時間を過ごし、大満足の筆者。

ただ、食を通じて、福井への思いはより強まってしまった。やはり現地で、思う存分食べたい!

<企画編集・Jタウンネット>

今、あなたにオススメ

PAGETOP