東北人のソウルアイス!感動的に復活した「ビバオール」、そのお味は?

2016年8月14日 11:00

ビバオールという棒付きアイスをご存知だろうか。新潟県の食品メーカー・セイヒョー(新潟市)が販売するイチゴ味のアイスで、なかにはイチゴソースが入っている。東北や新潟限定で販売されているので、全国的な知名度は低いかもしれない。

ビバオール(写真はすべて編集部撮影)
ビバオール(写真はすべて編集部撮影)

セイヒョーのサイトによると、ビバオールは、1970年代にしまかげ(宮城県仙台市)によって東北地方で製造されていたアイスで、当時は三角形で1本30円の当たり付きだったそう。しかし、97年に販売が終了、店頭から姿を消し幻のアイスとなった。

現在販売されているのは、セイヒョーによる復刻版。東北出身者のビバオール復活を望む声を聞き、再販へ向けてしまかげの関係者に直接交渉したと書かれている。形は三角形から四角形に、味は現代風に改良しつつも当時の味を忠実に再現した。2004年3月から東北地方と新潟県のコンビニやスーパーで再販が実現し、「懐かしの味」として親しまれている。

この感動的なエピソードを知った筆者は、ビバオールを食べたくてうずうず。東京・表参道にある新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」で扱っていると知り、買いに行ってみた。

表参道・新潟館ネスパス
表参道・新潟館ネスパス

「地元の反応」の最新記事

2017/9/20 11:00

高知市内にあるJR高知駅前の坂本龍馬像などが、台風18号の接近で一時的に撤去され、「脱藩した」などとツイッター上で話題になっている。...

2017/9/20 06:00

9月18日は敬老の日だった。2017年8月、埼玉県吉川市では、米寿(88歳)と白寿(99歳)の市民に、祝品カタログを送った。このカタログには、祝品30品目...

2017/9/19 20:00

2017年9月16日、秋田新幹線「こまち3号」(7両編成)がクマと衝突し、緊急停車した。 場所は、秋田市の大張野駅と大仙市の羽後境駅の間。線路上を横切る...

2017/9/19 17:10

2017年9月18日、広島東洋カープが阪神タイガースを破り、16年に続いてセ・リーグを制した。優勝は通算8回目で、2連覇は1979年、80年以来となる。 ...

2017/9/18 20:00

遺族の死亡手続きの負担を減らそうと、大分県別府市が県内で初めて1年ほど前に始めたワンストップサービスが好評だ。...

宮城県 最新記事
2017/9/18

[OH!バンデス―ミヤギテレビ]2017年9月6日放送の「宮城・岩手どーなKnow?」のコーナーで、ローカル線くりはら田園鉄道の跡地に、営業しているミュー...

2017/9/17

最近、行きつけのスナックが、なぜか急に時間制に変更になり、「延長する?」って聞かれ、 カッコつけて「帰る」と言い出さなくて大枚取られた、コラムニストの中丸...

2017/9/17

この花の名前は?(kennejimaさん撮影、Flickerより)秋のお彼岸のころに咲く「ヒガンバナ」。この花は、地域によってさまざまな呼び名があり、その...

2017/9/15

複雑な技術社会のなかで、わたしたちは、全容もわからないままに技術がつくるシステムによって暮らしています。便利で快適な技術に囲まれながら、同時に技術が生む破...

2017/9/15

「長崎ちゃんぽん」といえば、九州を代表するグルメと言える。具だくさんで野菜もたっぷり、しかも独特な味のスープがクセになる。いまや九州のみならず、日本中で人...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    15
    10年平均比
    -27.88%
    前週比
    +275.00%
  2. 2
    61
    63.98%
    +205.00%
  3. 3
    96
    69.31%
    +29.73%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ラゾーナ

「ドッキリ」仕掛けるユニーク動画

ラゾーナ

「日本クイズ協会」代表に聞いてみた

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ