さよなら隠れた仙台名所「X橋」

2014年7月11日 19:26

「X橋」(えっくすはし)の愛称で親しまれ、JR仙台駅北側にあった旧宮城野橋が、2014年7月10日未明に多くの市民に見守られながら撤去された。

X橋(旧宮城野橋)(Kinoriさん撮影、Wikimedia Commonsより)
X橋(旧宮城野橋)(Kinoriさん撮影、Wikimedia Commonsより)

仙台の東西主要ルートの一部だった

初代のX橋が建設されたのは大正時代。

江戸時代から戦前まで仙台の東西を走るメイン道路といえば、仙台城大手門から東に延びる「石巻街道」(元寺小路と名掛丁)だった。
これが東北本線開通によって分断されてしまう。線路東側の仙台城址には陸軍の施設、一方の西側には練兵場(現在の宮城野原公園総合運動場。宮城球場のあるところ)があった。当初は踏切が設置されたが、東北本線の輸送量が増えるにつれ往来に支障をきたすようになった。

1921年、陸軍の要請により初代のX橋は開通した。

市を襲った大空襲を橋は耐え抜く。下の写真は、1946年に仙台駅上空から撮影された写真。東北本線の線形は「(」になっていて、中央付近に「>-<」の構造物がある。これがX橋だ。

国土地理院「地図・中央写真閲覧サービス」より)
国土地理院「地図・中央写真閲覧サービス」より)

戦後の混乱期からしばらくは、米兵や娼婦、身寄りのない人が周辺に集まり、独特の雰囲気を醸し出していたという。小説の舞台にもなった。

現在の仙台は戦後の区画整理によって広い道路が縦横に貫く。かつてほどのにぎわいはないけれども、旧X橋は完成当時の雰囲気をよく残していた。

しかし駅の東西で再発が進み、片側1車線では増大する交通量に対応しきれなくなったことから、新しい橋に架け替えられることが決まった。新宮城野橋は一部完成し片側1車線が開通している。2年後には3車線になる予定だ。

レトロな雰囲気を醸し出しているレンガアーチ等についてどのような形で保存するか、市も検討しているという。

「おつかれさま」の声が続々...

時代の流れとはいえ、ニュースに接した市民の多くが名残惜しそうなつぶやきをツイッターに残している。「おつかれさま」というコメントが目立つところに、地元の人々のX橋への思いが伝わってくる。

宮城県 最新記事
2018/2/24

「スシロー」、「くら寿司」、「かっぱ寿司」......など、回転寿司チェーンは全国幾多にあまねく昨今。一皿100円程度で、マグロなどの寿司を食べられる気軽...

2018/2/23

2017年12月19日からJタウン研究所が実施していた、「『天かす』と『揚げ玉』、どっちが親しみがある?」。18年2月19日に投票を締め切り、その結果が出...

2018/2/22

平昌五輪出場のカーリング女子選手の「そだねー」がきっかけで、北海道弁が話題になっている。「押ささる(押してしまう等)」「○○かい?(疑問文の末尾につける等...

2018/2/21

弊社(J-CAST)マスコットキャラクターの「カス丸」に、ネットテレビ番組から取材依頼がきた。「『バズらせ』人気者になる方法教えます!」なるその番組は、ネ...

2018/2/19

年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。 熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。 猛...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ