さよなら隠れた仙台名所「X橋」

2014年7月11日 19:26

「X橋」(えっくすはし)の愛称で親しまれ、JR仙台駅北側にあった旧宮城野橋が、2014年7月10日未明に多くの市民に見守られながら撤去された。

X橋(旧宮城野橋)(Kinoriさん撮影、Wikimedia Commonsより)
X橋(旧宮城野橋)(Kinoriさん撮影、Wikimedia Commonsより)

仙台の東西主要ルートの一部だった

初代のX橋が建設されたのは大正時代。

江戸時代から戦前まで仙台の東西を走るメイン道路といえば、仙台城大手門から東に延びる「石巻街道」(元寺小路と名掛丁)だった。
これが東北本線開通によって分断されてしまう。線路東側の仙台城址には陸軍の施設、一方の西側には練兵場(現在の宮城野原公園総合運動場。宮城球場のあるところ)があった。当初は踏切が設置されたが、東北本線の輸送量が増えるにつれ往来に支障をきたすようになった。

1921年、陸軍の要請により初代のX橋は開通した。

市を襲った大空襲を橋は耐え抜く。下の写真は、1946年に仙台駅上空から撮影された写真。東北本線の線形は「(」になっていて、中央付近に「>-<」の構造物がある。これがX橋だ。

国土地理院「地図・中央写真閲覧サービス」より)
国土地理院「地図・中央写真閲覧サービス」より)

戦後の混乱期からしばらくは、米兵や娼婦、身寄りのない人が周辺に集まり、独特の雰囲気を醸し出していたという。小説の舞台にもなった。

現在の仙台は戦後の区画整理によって広い道路が縦横に貫く。かつてほどのにぎわいはないけれども、旧X橋は完成当時の雰囲気をよく残していた。

しかし駅の東西で再発が進み、片側1車線では増大する交通量に対応しきれなくなったことから、新しい橋に架け替えられることが決まった。新宮城野橋は一部完成し片側1車線が開通している。2年後には3車線になる予定だ。

レトロな雰囲気を醸し出しているレンガアーチ等についてどのような形で保存するか、市も検討しているという。

「おつかれさま」の声が続々...

時代の流れとはいえ、ニュースに接した市民の多くが名残惜しそうなつぶやきをツイッターに残している。「おつかれさま」というコメントが目立つところに、地元の人々のX橋への思いが伝わってくる。

宮城県 最新記事
2017/6/27

2017年6月25日までアニメ「けものフレンズ」とのコラボレーションを実施していた東武動物公園(埼玉県宮代町)が26日、同アニメとの「夏休みコラボ」を行う...

2017/6/25

成城石井が東北初出店2017年6月1日、エスパル仙台東館2階(仙台市青葉区中央1丁目)に「成城石井 エスパル仙台店」がオープンします。 駅ビル内店舗で便利...

2017/6/25

[OH!バンデス―ミヤギテレビ]2017年6月13日放送の「解決!リョウ様」のコーナーで、ゲストで来ていた林家たい平さんの依頼を紹介していました。 林家た...

2017/6/24

[OH!バンデス―ミヤギテレビ]2017年6月14日放送の「イチュー」のコーナーで、多賀城跡あやめまつりが6月17日から開催されると紹介されました。多賀城...

2017/6/23

2017年のプロ野球は交流戦を終え、シーズンの折り返し地点に差しかかった。昨年Bクラスの楽天が開幕序盤から首位に立ち、優勝候補の筆頭といわれた巨人が悪夢の...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    32
    10年平均比
    -71.01%
    前週比
    +113.33%
  2. 2
    5
    -79.17%
    +66.67%
  3. 3
    101
    184.51%
    +57.81%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(4)
  2. 2

    ↑(26)
  3. 3

    ↓(2)
  4. 4

    ↑(5)
  5. 5

    ↑(169)
注目情報
ムシ

毎年6月は、国土交通省と不正改造防止推進協議会による「不正改造車を排除する運動」強化月間...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ