使い捨て「じゃない」昔ながらのハクキンカイロが、世界から愛される理由

2017年2月13日 06:00

使い捨てカイロの約13倍の熱量を誇る、「ハクキンカイロ」をご存知だろうか。90年以上も前に誕生した昔ながらの逸品で、いま再び注目を集めている。

ハクキンカイロ(画像提供:ハクキンカイロ)
ハクキンカイロ(画像提供:ハクキンカイロ)

ハクキンカイロは、ベンジン(炭化水素)の気化ガスと白金(プラチナ)の触媒作用によって発生する熱を利用して暖を取る。25ccのベンジンで最大約24時間保温できるほど熱量消費はごくわずかで、注油することで繰り返し使用できるので地球環境にも優しい。

1923(大正12)年に日本で誕生し、今なお愛好者が多い。使い捨てカイロの登場後に生まれた若者たちの間でも人気を得ているという。Jタウンネット編集部は2017年2月8日、ハクキンカイロ(大阪府大阪市)の的場恒夫社長に世代を超えて愛される理由を尋ねた。

岐阜県 最新記事
2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/20

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/4/19

このところ、岐阜県にある一級河川「新規川」が話題になっている。きっかけは、川の標識がツイッターに投稿されたこと。画像編集ソフトの「新規レイヤー」のように、...

2018/4/17

2018年、ロサンゼルス・エンゼルスの一員としてメジャー・デビューを果たした大谷翔平選手は、投手として2勝を上げ、打者として3試合連続本塁打と、衝撃的なス...

2018/4/17

レトルト食品やワインのおつまみを展開するブランド「nakato」を運営する中島董商店(なかしまとうしょうてん・東京都渋谷区)は、「nakato cafe」...

アクセスランキング
注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ