「世の学生のために...二度と動くな」 アロンアルフアで「点P」を固定する勇者が現れる

2019年12月 9日 17:00

2度と動くな――。

長方形ABCDを動きまわり、「長さ」や「面積」などの問題に化けるアイツ。数学の問題によく現れる「点P」への恨み(?)を爆発させたユーザーの行動が、ツイッターで話題を呼んでいる。

それがこちらだ。

(画像はelaiza(@elaiza_tyutyu)さんから)
(画像はelaiza(@elaiza_tyutyu)さんから)

投稿者はなんと、アロンアルフアで点Pの動きを止めたという。「世の中の中学生のためにも二度と動くな」という投稿文から、点Pが世の学生を苦しめていることを想起させる。

「ありがとうございます(中学三年生)」
「おんまえ!マジで動くな!じっとしてろや!」
「こいつほんと落ち着きないよね」

なんとセンスのある投稿だろうか。Jタウンネットは、投稿者に思いついた経緯やきっかけを聞いてみた。

「中学時代によく苦戦していたなぁと...」

メモ用紙には綺麗な長方形。そしてアロンアルフアが用意された...(画像は一部編集部加工)
メモ用紙には綺麗な長方形。そしてアロンアルフアが用意された...(画像は一部編集部加工)

こちらが、点Pの動きをアロンアルフアで止めたツイッターユーザー、elaiza(@elaiza_tyutyu)さんが2019年12月7日に投稿した画像だ。何か奮い立たせる事情でもあったのだろうか...。elaizaさんは9日、Jタウンネットの取材に、

「『中学時代によく苦戦していたなぁ』と懐かしく思っていたら、丁度自分の部屋にアロンアルフアがあったので、軽い気持ちで投稿してみました」

と点Pの動きを完全に止めた経緯を話す。彼は現在高校1年生。女優の池田エライザさんが好きだと、こぼれ話をはさむ彼は、数学に関しては出来ることならやりたくないほど嫌いだと、苦笑いする。

そんな彼は、点Pを止めたきっかけを、こう振り返る。

「この投稿を思いついたのは自分が入力中の誤字をしたのがきっかけです」

「てんp」と打ち間違いをして「点P」を思い出したという
「てんp」と打ち間違いをして「点P」を思い出したという

「思ってたんですが」と打とうとしたところ、指が滑ったことから点Pを思い出し、アロンアルフアの投稿をしたという。ひょんなことから生まれた投稿は、いいねが19万6000を超えている(9日12時時点)。それほどまでに、共感した人が多かったのだろう。

完全に動きは止まる
完全に動きは止まる

「今まで自分のツイートがここまでバズったことがなかったので、本当に嬉しかったですね(笑)」

と感想を述べた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ