校庭からタイムカプセル発掘! 91年度卒の羽村東小6年2組の皆さん、お早目に連絡を

2017年3月 9日 11:00

26年前に何か埋めた気がするというそこのあなた。それってタイムカプセルじゃありませんか?

というのも、東京都の羽村東小学校の校庭の工事中に、タイムカプセルらしきものが発見されたというのだ。東京都羽村市のツイッターアカウントによると、「1991年度羽村東小6年2組」のものであるという。

工事中に発見された

将来も長く残るだろう、ということでタイムカプセル保存場所として選ばれたであろう小学校の校庭だが、予想外の工事で掘り返されてしまった。

20年を過ぎても埋まったままだったということは、30年目をめどに掘り返す予定だったのだろうか。埋めた当時6年生だった元生徒も、2017年現在だと38歳だ。仕事や家庭で忙しくて、うっかり忘れてしまっていたという可能性も捨てきれない。

タイムカプセルが校庭から発掘。(画像はイメージ。ayu oshimiさん撮影。flickrより)
time cupsule

タイムカプセルと言えば、将来掘り返すことを仲間と約束し、思い出の品や手紙を入れて埋めるというロマンチックなイベントだ。しかし、地元を離れたり、はたまた埋めた場所の上にコンクリートが敷かれたり、今回の様に掘り返されてしまったりと、予定通り掘り返すことは中々難しいようだ。

しかし、意図していないタイミングとはいえ、せっかく見つかったタイムカプセルだ。心当たりのある人は、ツイート記載の連絡先に問い合わせてみてはいかがだろうか。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ