「完全に妖怪」「夢に出てきそう」 錦糸町に出現した「東京23くん」が不気味すぎると話題

2020年8月19日 21:00

JR錦糸町駅の北口に貼られているポスターが「怖すぎて泣いてしまう」とツイッターで話題となっている。

いったいどんなポスターなのか。まずはその実際の写真を見て頂こう。

笑ってこちらを見ている(画像はIMS提供、編集部で一部トリミング)
笑ってこちらを見ている(画像はIMS提供、編集部で一部トリミング)

東京の街並みの上に浮かぶ、いびつな形の横顔。緑色の瞳でこちらを見ながら、頭の後ろから生えた左手でサムズアップしている。

このキャラクターの名前は、「東京23くん」。

名前の通り、23区がある東京都区部の形を模しているらしい。鼻の部分は練馬区、とがった顎は世田谷区、左手の親指は足立区だろうか。

しかし、どうみても人の顔にするのに適した形状ではないため、何とも不気味な仕上がりとなっている...。おそらく湾岸エリアを表現している右手もなんだか怖い。

このインパクトがありすぎるキャラクターに対し、ツイッターでは

「夢に出てきそう」
「世の中ゆるいのや可愛いのばかりなのでたまにはこんなキモいのがあっても良いと思う」
「ラスボス感があるな」
「ネウロで見た」
「完全に妖怪」

などの反応が寄せられている。

癖が強すぎる東京23くん、いったいどのようなコンセプトで作られたのだろう?

気になったJタウンネットは19日、このポスターを制作した企業を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ