ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「完全に妖怪」「夢に出てきそう」 錦糸町に出現した「東京23くん」が不気味すぎると話題

井上 慧果

井上 慧果

2020.08.19 21:00

「23区制覇が目標」

東京23くんのポスターは、主に工事現場やイベントなどでの警備を行っている警備会社、IMS(東京都墨田区)が掲示しているもの。代表取締役総代の榎本恒さんが取材に応じた。

「東京23くんのモチーフはそのまま東京23区です。見ての通り、23区の形をしています。23が『てろ』に読めるので社内では『てろくん』というあだ名で呼ばれています」

東京23くんをデザインしたのは、同社の取締役の吉岡忠さん。

「彼は元々イラストを描くのが趣味なので、それなら色んな人の目を引くようなやつ描いてほしい......とお願いしてこの東京23くんが誕生しました」

とのことだ。なぜ23区がモチーフなのだろうか。榎本さんは

「うちの会社では、東京23区制覇というのを目標に掲げているんです。
警備会社で23区全てに事業所や事務所があるようなところはないので、どこもやってないことをやりたいなって。それから、うちは独立希望者の支援にもとても力を入れているので、事業所がたくさんあった方がその手助けにもなりやすいかなという意図もあって......。
『私たちと一緒に東京23区を制覇しましょう』といった意味も込めてこのポスターを掲示しています」

と説明する。

元々は会社の理念を書いたポスターを掲示していたがあまり反響がなく、3~4か月ほど前から現在のポスターを掲示しているという。

今回、東京23くんがツイッターで話題になっていることについて榎本さんは

「知らない内にたくさんの人に見て頂けていたようで、とても嬉しく、良かったなあという思いです。警備会社というのは外から見るとどこも同じようであまり変わり映えしません。
ですが、うちは『誰かの夢を実現させる』ことが会社の成長にも繋がると信じて色々なことをしている会社なのでこのポスターをきっかけにぜひうちの会社に興味を持っていただければと思います」

と話した。

PAGETOP