青森銘菓「ラブリーパイ」、包装が全然ラブリーじゃないと話題になってしまう

2019年7月 9日 20:00
旧デザインのラブリーパイ(画像提供:はとや製菓、以下同)
旧デザインのラブリーパイ(画像提供:はとや製菓、以下同)

いまツイッターで話題になっているのが、この青森銘菓「ラブリーパイ」だ(写真上)。新鮮なりんごを蜜漬けしたものを、カスタードクリームと幾重にも折り重ねたパイ生地で焼き上げた洋菓子である。何がそんなに話題になっているのかというと......

「ラブリーパイと言うにはあまりに...パッケージが...」
「改めて見るとぜんぜんラブリーじゃないラブリーパイだよな」

といった声が寄せられているのだ。

「ラブリーパイ」のパッケージには、例年8月2日から7日まで開催される、青森ねぶた祭で運行される迫力あるねぶたが描かれている。真っ赤な地色の上に、なんだか恐ろしい顔が見える。「ぜんぜんラブリーじゃない」とつぶやかれても、仕方がないかもしれない。

そこでJタウンネット編集部は、2019年7月9日、青森に電話して、詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ