たしかに、ここは世界遺産だ! のぞけば見えてくる「VR観光」の最前線

2017年12月 6日 11:00
提供元:佐賀県

秀吉が朝鮮出兵のために作った「幻の城」

石垣は破壊されている(右は、佐賀県立名護屋城博物館の松尾法博さん)
石垣は破壊されている(右は、佐賀県立名護屋城博物館の松尾法博さん)

天下人・豊臣秀吉は、さらなる発展を目指して、朝鮮半島への進出をもくろんだ。その礎として1592年に築かれたのが、肥前名護屋城(佐賀県唐津市)だ。文禄・慶長の役では、この地を拠点にして、諸大名を朝鮮へ出兵させた。しかし98年、秀吉が死去。7年続いた戦は終わり、主を失った名護屋城は江戸時代の初めに破却された。そのとき本丸や天守閣はもちろん、城として機能しないよう石垣も破壊されたため、400年後のいま、往時の姿を残す部分は数少ない。

名づけて「バーチャル名護屋城」
名づけて「バーチャル名護屋城」

そんな「幻の巨城」を、かつての姿に再現させよう。そんな試みが県立名護屋城博物館で行われている。その名も「バーチャル名護屋城」。同館学芸課長の松尾法博さん案内のもと、記者が実際に体験してみた。

現在地を絵図に重ねて表示
現在地を絵図に重ねて表示

おもむろに空へタブレットをかざす松尾さん。GPSなどから位置情報と、かざしている角度が取得され、その方向から見えたであろう建造物のCG映像が映し出された。ぐるぐる周りを見回すと、画面のCGもついてくる。設定されたポイントでは、AR(拡張現実)を活用して、建造物と一緒に「記念撮影」も可能だ。同館では体験用タブレットを無料で貸し出しているほか、自分のスマホにアプリを入れて楽しむこともできる。

なにもない石段だが、タブレット上には立派な門が
なにもない石段だが、タブレット上には立派な門が

天守閣と記念撮影すると...
天守閣と記念撮影すると...

こんな画像に合成される
こんな画像に合成される

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ