ついに日本から消える「喫煙車両」 逆になぜ今まで存続できた?近鉄に事情を聞いた

2020年2月 7日 17:00

電車の座席に座りタバコを一服。小説や新聞を読みながら、あるいは音楽を聴きながら...。外の風景を楽しみつつ、灰が落ちそうになったらひじ掛けの灰皿でトントン。

こんな情景は間もなく見られなくなってしまう。

2020年4月1日の改正健康増進法の施行によって、鉄道から「喫煙車両」が姿を消すからだ。

私鉄の有料特急のなかで唯一、座席でタバコが吸える車両を走行させてきた近畿日本鉄道も、2月1日から特急列車の座席禁煙化に踏み切った。

近鉄特急「ニュースナックカー」(画像は1月30日編集部撮影、以下同)
近鉄特急「ニュースナックカー」(画像は1月30日編集部撮影、以下同)

もうすぐ日本から消える喫煙車両。愛煙家の筆者の性だろうか、

「せっかくならば乗ってみたい」

と思い立った。

座席が禁煙化される直前の1月30日。記者は喫煙車両が発着する近鉄名古屋駅へ向かった。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ