ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

コグニザント、グローバルで多様なコミュニティを促進するために7,000万ドルを提供

2024.04.12 09:41

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404129347-O1-e84Tnvb9

 

コグニザントは、シナプス・イニシアチブを支援するため、慈善活動資金を提供し、未来の仕事に必要となる人材の育成に長年取り組んでいる

 

ティーネック(ニュージャージー州), 2024年4月12日 /PRNewswire/ -- コグニザント(Cognizant、Nasdaq: CTSH)は、グローバルな先導的技術企業であり、2018年以来、世界中の77組織に対して117件の助成金を通じて7,000万ドルの慈善活動資金を提供しています。このマイルストーンは、コグニザントが長年にわたり慈善活動資金を世界中のスキル向上プログラムに投資し、少数精鋭のコミュニティの経済的移動性を促進するパートナーシップを築いてきた歴史に基づいています。最近では、コグニザントの企業寄付活動は、2026年末までに未来の職業に就く100万人を育成するという同社のシナプス・イニシアチブの重要な一部として組み込まれています。

 

コグニザントは、グローバルな労働力の育成と教育に投資し、成功への道を通じて、社会的地位の低いコミュニティや疎外されたグループを高めてきた深い歴史を持っています。コグニザントが最近立ち上げたシナプス・イニシアチブの重要な部分として、慈善活動資金、コミュニティパートナーシップ、ボランティア活動は、30万人の個人が技術および将来志向のAI職への成功したキャリア転換を支援することを目指します。

 

これらの取り組みについて、コグニザントの上級副社長兼チーフコーポレートアフェアーズオフィサーのTobi Young氏は次のように述べています。「コグニザントは、AIやデジタル経済に向けて労働力をスキリングし、準備するという当社の取り組みの一環としてシナプスを立ち上げました。私たちは、非営利団体やコミュニティ教育機関とのパートナーシップにより、個人に新しい技術スキルを身につけさせ、デジタル経済が成長する中でコミュニティを維持し、すべての人の経済機会を向上させるために投資できることを誇りに思います。」 

 

コグニザントは、スキリングへの投資を 1) 学習とネットワーキングへの早期アクセスを提供する組織、2) 技術分野でのキャリアを開始または進展させる個人に経路を作る組織、そして 3) スキリングを支援する形で技術産業を前進させる新しいアイデアを刺激する組織に焦点を当てています。これらの組織が一体となって、地域社会とあらゆる年齢層の個人を鼓舞し、教育し、急速に進化する今日の労働力で成功するための準備を整えてきました。2023年だけ見ても、世界の様々な企業に対するコグニザントの寄付の一例には、次のような企業が含まれます。

 

1.学習やネットワーキングへの早期アクセスを提供する組織。

 

 * ガールスタート(Girlstart)
女児のための年間を通したSTEM教育を支援しています。2024年、ガールスタートはテキサス州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州の88のアフタースクール・プログラムを通じて1,800人以上の小学4年生と5年生の女児に、また36種類のテーマ別STEM集中サマーキャンプを通じて900人以上の小学4年生から8年生の女児にリーチすることを目指しています。
 * ラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)
イギリスでのコードクラブやCoderDojoプログラムを支援し、若者がコーディングの方法を学び、デジタル技術で創造するための無料でアクセスしやすい機会を提供しています。これらのクラブは、学校や図書館などのコミュニティ施設で地元の教育者やボランティアによって提供され、この投資から直接17,000人の学生が恩恵を受けると予想されています。
 * イヤーアップ(Year Up)
アトランタ、オースティン、ベイエリア、シャーロット、シカゴ、ダラス、デンバー、ニューヨーク、フェニックスなど、全国の地域でイヤーアップの直接サービスと革新的な労働力開発プログラムを支援しています。この資金提供により、イヤーアップは彼らの職業訓練プログラムの実施を続け、新しいプログラムモデルの探求、および2024年に4,000人以上の若者により良いサービスを提供するための内部組織運営の改善を可能にします。

 

2.技術職に就き、キャリアアップを目指す個人のための道筋を作る組織。

 

 * 視覚障害者技術研究所(Blind Institute of Technology)
視覚障害者技術研究所のアカデミーを支援しています。これは、賃金の可能性を高め、意味のある仕事を見つけたいと願う障害を持つ求職者に対して、業界関連の技術スキルトレーニングと資格認定を提供します。
 * コードプラトーン(Code Platoon)
2024年のコードプラトーンのフルスタックソフトウェアエンジニアリングとDevOpsクラウドエンジニアリングトレーニングプログラムをサポートします。2016年以来、コードプラトーンは500人以上の退役軍人と軍人の配偶者を卒業させ、そのうち74%が卒業後6ヶ月以内に就職しています。
 * ReDIスクール・オブ・デジタル・インテグレーション(ReDI School of Digital Integration)
ドイツにおけるReDIスクール・オブ・デジタル・インテグレーションを支援し、技術的展望から排除される可能性のある個人を支えます。これは、多様性に富み、スキルが高く、相互に結びついた国際社会の創造に貢献するものです。コグニザントからの資金提供は、技術業界でキャリアを築きたい学生向けのハイテクコースを提供するデジタルキャリアプログラムと、技術分野で女性を力づけることを目的としたデジタルウィメンプログラムを支援しています。
 * ICTアカデミー(ICT Academy)
コグニザント財団インディアは、その旗艦事業である「Tech4All」の下で、ICTアカデミー、タミル・ナードゥと提携し、カルナータカ州、ケララ州、タミル・ナードゥ州、テランガナ州にある71の大学において女性のエンパワーメントのためのセンター・オブ・エクセレンスを設立することで、5,000人の恵まれない女性の卒業生に高度な技術スキリングを提供するトレーニングを行っています。このプロジェクトの目的は、女性の卒業生にインダストリー4.0に不可欠なスキルを身につけさせ、ダイナミックな雇用市場への準備を確実にすることです。

 

3.技能習得を支援するために技術業界を前進させる新たなアイデアを鼓舞する組織。

 

 * 全米知事協会ベストプラクティスセンター(National Governors Association Center for Best Practices)、労働力革新ネットワーク(Workforce Innovation Network)
全米知事協会ベストプラクティスセンター(NGAセンター)、労働力革新ネットワーク:全米知事協会センターの労働力革新ネットワークのフェーズIIIを支援し、公共部門および民間部門のリーダーを高めることで、明日の仕事に労働者を準備する革新的な労働力ソリューションを推進しています。この寄付は、知事のアドバイザーや州の政策立案者の集まりの支援、分野の発展を促進するための思想的リーダーシップ、そしてベストプラクティスを実装しようとする州への支援を支えています。
 * ワークシフト(Work Shift)、AI&経済機会レポーティングイニシアティブ(AI & Economic Opportunity Reporting Initiative)
人工知能が教育や仕事をどのように作り変えつつあるのか、特にその利用が不平等を悪化させているのか、それとも経済的進歩への新たな扉を開いているのかに焦点を当て、詳細な報道をサポートします。このプロジェクトは、1) 高等教育と労働の間のより良い連携を構築する(または妨げる)AIの具体的な役割、2) 収入階層の下半分にいる人々の経済的進歩への潜在的影響、3) AIの使用が既に高等教育と労働にどのような影響を与えているかの具体的な例に焦点を当てます。

 

コグニザントのシナプス・イニシアチブは、技術スキルにアクセスできなかった世界中の多様な背景を持つ人々が、技術的ノウハウに依存する仕事が増える中、参加し、活躍できるように準備し、身につけることを目的としています。コグニザントは、持続可能性の重要な要素は、個人が生計とコミュニティを維持するための技術スキルを身につけられるように、トレーニングとスキルアップに投資することだと考えています。シナプスの詳細については、こちらをご覧ください。

 

Cognizant(コグニザント)の概要

 

コグニザント(Cognizant、Nasdaq: CTSH)では、最新のビジネスをエンジニアリングしています。同社は、お客様が技術を最新化し、プロセスを再考し、体験を変革し、急速に変化するこの世界で先行できるよう支援します。そして共に協力し、日常の生活を向上させています。その方法について詳しくは、www.cognizant.comまたは@cognizantをご覧ください。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M107864/202404129347/_prw_OT1fl_Q75JMZUy.png

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/1794711/Cognizant_Logo.jpg?p=medium600

 

(日本語リリース:クライアント提供)

PR Newswire Asia Ltd.

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404129347-O2-gvWQUOMR

 

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com

共同通信PRワイヤー
Jタウンネットトップへ
PAGETOP