「この動物園のスズメの紹介笑えるwww」→飼育員さんの早すぎるリアクションにびっくり

2015年9月29日 17:00

動物園にスズメは展示されていないのが、普通だ。ところが秋田市にある大森山動物園には、スズメの解説板があったという報告があった。2015年9月23日、ツイッターに次のような写真付きの投稿があったのだ。

それによると、「体長 キジ舎の網を通り抜けるぐらい」「体重 キジ舎で食べた分」「繁殖 キジ舎の中」「たべもの キジたちのごはん」と、記されている。スズメのイラストも添えられているが、いかにもズルそうな悪そうな目をしている。「こんなに悪意を感じるスズメの紹介初めて見た」というコメントには、納得せざるをえない。

かわいいから憎みきれない?

冒頭のツイートは大反響で、多くのコメントが寄せられている。

キジ舎に入り込んではエサを拝借していくスズメたち。だからこそ、「悪意」ある解説板をわざわざ動物園も作ったのだろうが、そのユーモラスな紹介には「コンニャロと思いつつも心のどこかでスズメさんのこと、かわいいんでしょうね」という感想も出た。

ところが、これには続きがあった。

大森山動物園(Kotaro Akamaさん撮影,Flickrより)
大森山動物園

大森山動物園仕事早い

例の解説版の下に、こんなものが付けられていたという報告だ。下が、9月26日に投稿されたツイート。

キリン・トナカイ舎担当とキジ舎担当の、ツイッター上での会話形式の看板となっている。冒頭のツイートが3万ツイートを達成したことに、さっそくのリアクションだ。

近頃、動物園や水族館の話題がネット上を賑わすことが多い。飼育係の中に、けっこう仕事早い人たちがいるからだろう。今後も手際の良い仕事ぶり、じっくりチェックさせてもらおう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ