グルメ  > 

新潟人が「納豆に砂糖をたっぷり入れる」のには理由があった

2013年12月27日 11:08

47都道府県の謎を解明するバラエティ番組「珍日本セキララMAP」(フジテレビ系)。2013年12月27日の放送では「納豆に砂糖をかける県別ランキング」を取り上げていた。

番組が引用した日経電子版の「食べ物新奇行」によると、新潟県人の25・9%が納豆に砂糖を入れるという。北海道も22.2%、山形と沖縄が16.7%と続く。

編集部でもたっぷりかけてみた
編集部でもたっぷりかけてみた

その実態を確かめるべく、番組スタッフが新潟・南魚沼市のある3世代家庭を取材したところ、驚きの食卓風景が映し出された。

納豆の上に砂糖をスプーンで3杯かけ、さらに醤油を混ぜてかき混ぜる。通常よりも粘り気が出て、納豆臭さはちょっとなくなった。もはや納豆とはいえないのではと思いきや、

「ちょっと甘みが足らないくらい」
「めっちゃ美味しい!」

当たり前でしょと言いたげな表情で、何の躊躇もなく納豆を平らげる。

カレー、ナポリタンにも大量投入

ほかのメニューでも、砂糖を大量に使う。茶わん蒸しにも大量の砂糖を投入し、しかも具はなし。もはやプリンだが、主婦は茶碗蒸しと言い張る。試食した番組スタッフは「ちょっとしょっぱいプリン」と感想を漏らした。食卓に並ぶなめこおろし、そうめん、混ぜごはんも砂糖入りだった。

番組スタッフが街頭インタビューを行ったところ、カレー、ナポリタン、漬物に入れるという人がいた。若い女性は次のように言い切った。

「料理するときは、砂糖がなきゃダメ!」

新潟県人が砂糖を大量に使用する理由について、全国納豆協同組合の専務理事・松永進さんは次のように解説した。

「大豆の発酵が未熟な時代は、納豆の糸引きがあまりよくなかった。砂糖を入れることによって糸引きがよくなり、口当たりが滑らかになることによって納豆がおいしく食べられる」

寒い地方では大豆の発酵が遅くなる。北海道、東北に砂糖派が多いのはそういう理由か。

なお、放送を見た人からはネットに「オレはダメ」という書き込みがあったが、編集部で食べてみたところ、予想以上においしいという感想があがった。ある部員は「天ぷらにソース」以来のヒットといい、これからは家庭でもやってみたいと言っていた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ