長崎には「女の都」という地名がある なぜこんな名前に?市役所に聞いてみた

2019年10月27日 11:00

女の都団地、女の都小学校、女の都入口...

長崎県営バス「女の都入口」行き。shapetaku22thさん(@zitenshatarou)撮影
長崎県営バス「女の都入口」行き。shapetaku22thさん(@zitenshatarou)撮影

それでは、答えを発表しよう。正解は、「めのと」だ。

女の都は、長崎市北部に位置する、1970年代から開発された住宅地だ。丘陵地を切り開いて造成され、一戸建て住宅や集合住宅が建ち並んでいる。長崎県営バスの終着点の一つともなっている。女の都一丁目から女の都四丁目まであり、女の都団地、女の都小学校、女の都入口といったバス停もあり、長崎市民にとってはごくありふれた住宅地の一つ、らしい。

それにしても、「女の都(めのと)」という地名の由来は何だろう? そこで、長崎市に電話して聞いてみた。

電話で答えてくれたのは、長崎市文化観光部の長崎学研究所の担当者だった。

「この地域には、古くから『めのと』という字(あざ)がありました。浦上家野村の一部だったようです」

「めのと」とは漢字ではどう書き表されていたのだろう。

「『角川日本地名大辞典』によると、『乳母』と書かれていた説があるようです」

なるほど、乳母(めのと)というのが本来の地名のようだ。

「この地域は大村藩領だったので、大村藩関係の資料も調べてみましょう」と担当者。すると、「大村郷村記」という江戸時代の文献の中に、「乳母」と書かれた箇所が存在するらしい。どうやら「乳母(めのと)」説は間違いない。

だが、なぜ乳母と呼ばれるようになったのかは、「不明です」とのことだった。

これについては、まさに諸説あり。諸説の中には、平家の落ち武者説、潜伏キリシタン説などさまざまだが、文献を重視する長崎学研究所の担当者としては、「不明です」と言うしかないのだろう。

またその乳母が、なぜ女の都と表記されるようになったかについても、聞いてみた。こちらは昭和後期のことだが......、返ってきた答えは、「不明です」だった。

女の都は、やはりミステリーだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ