長野県民なら常識! この七味唐辛子、出し方わかる?

2017年4月 7日 17:00

長野のある商品の缶には、通常とは異なる常識(?)がある――こんなツイートが2017年3月23日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな常識なのか、見てみよう。

これは投稿者が、長野県では有名な「八幡屋礒五郎」の七味を使う際に知った「常識」を記録したものだ。通常の一味や七味は、フタを開けると中に穴があり、そこから振りかけるイメージだろう。ところが、この七味は、フタの部分と缶本体に穴が開いており、その2つの穴を重ね合わせなければ出てこない構造となっているようだ。その為、フタの穴をどこに合わせれば出てくるのかが分からず、投稿者のようにクルクルと回して探してしまう人も多いようだ。ちなみにフタの穴は、本体に書かれている「唐辛子のヘタ」部分に合わせればいいようで、これは長野県では「常識」と言っても過言ではないようだ。この常識に「ええええーーー!衝撃!!」「八幡屋礒五郎は温かい蕎麦やうどんには欠かせません。」など、さまざまな意見が寄せられ、盛り上がりを見せている。

このツイートには、こんな反響が。

これは絶対クルクルしてしまうと思います(笑)。教えてあげるのも常識なんてステキですw!(ライター:a rainbow)


アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ